開田村はH17年11月1日に合併して「木曽町」となりました。
村誌等を参考に文を作成しているため、「開田村」をそのまま使用しています。ご了承ください。

何世代にもわたって営まれてきた暮らし、そこから生まれた文化。
険しい木曽の山中でありながら、たくましく暮らしを営んできた確かな歴史があります。
たとえ朽ち果てているほこらにも、道端で風雨にさらされて表情が消えてしまった石仏にも、さまざまな歴史が秘められています。
山の小道を散策しながら、時折出会う時代の小さな足跡に思いをはせてみませんか。

3-01.jpg開田郷土館
馬産地にふさわしく、馬具や馬の医術書を展示。
農具・民具なども紹介し、開田高原の今日までの歴史を解説しています。
中でも、最後の純血木曽馬「第三春山号」のはくせいは貴重です。
この他、わら細工、白樺工芸品やドライフラワーなども販売しています。
営業期間
営業期間を4月~11月末まで

3-02.jpg長野県宝 山下家住宅・開田考古博物館
山下家住宅は、江戸時代末期に建てられた家をほぼ原形で保存する長野県宝。
山下家の先祖は、代々「伯楽」と呼ばれた馬の医者。
江戸時代には、庄屋・鍛冶屋とともに村の三役をつとめた大馬主でした。
馬を小作に貸して、仔馬が生まれると馬市で売り、小作と折半しました。
仔馬一頭の代金の半分で普通の農家が一年暮らせた時代、山下家の最盛期には250頭の親馬を持ち、年に100頭の仔馬を売ったとされています。

当時、木曽谷屈指の資産家で、木曽谷三大持馬の家に数えられていました。
山村には珍しく、贅を尽くした本棟造りの破風と懸魚が特徴。
囲炉裏や正座敷の書画など、往時を偲ばせるものが数多く残されています。

県宝山下家住宅の隣の考古博物館は、旧石器時代から縄文時代の旧開田村の歴史遺産を豊富に展示。
特に開田高原にある柳又遺跡から出土した旧石器類はいずれも希少なもの。
およそ3万年から1万年前、開田高原に住んでいた人の一端に触れることで、古代へのロマンがかきたてられます。
営業期間
4月1日 〜 11月30日、 月曜日休館、※祝日又は休日にあたる場合は開館し翌日休館
入館料
大人400円、 子供200円、団体割引有り
tel 0264-44-2007

3-05.jpg末川 稗田の碑 LinkIcon詳細はこちら
中村彦三郎さんにより水田を始めてひくことでき 飢えからまぬがれた

3-06.jpg丸山馬頭観音
開田村では馬は大切で家族同様子馬が生まれるとここに来て鐘を鳴らしみんなに教えた

3-07.jpg 縁結びの木 LinkIcon詳細はこちら
太蔵とおたきの悲恋物語

*開田村の昔話・石碑の由来 LinkIcon詳細はこちら

tami.JPG麻織物の歴史
書籍 『木曽の麻衣』(開田村教育委員会発行)
木曽は昔から麻衣織が盛んで、特に開田村は雪がたくさん降ることもあり、雪の上にさらして凍らすことにより白さが一層増し良い麻になりました。開田村の故畑中たみさんが麻織物の伝承者として長野県の無形文化財に指定されたこともあり、このまま歴史がなくなってはと昭和48年に旧東小学校に勤務しておられた澤頭修自先生他の方々のお力により出版された書籍『木曽の麻衣』よりその工程と人々とのつながりを抜粋して紹介します。開田村でも風化しつつあり、しっかりと歴史として残したいとのおもいがこめられています。参考にしてください。
*このファイルはPDF形式となっています。

LinkIcon開田の麻衣づくり(工程)LinkIcon麻と人々とのかかわり

*Adobe Readerは、Adobe Systems社のサイトから無償ダウンロードできます。